流通小売業の日常業務を強力にサポートします。POS分析APEX開発元・東北シェアトップのPOP作成ソフト開発元・勤怠管理システム開発元

Kerberos-HOME

  • HOME »
  • Kerberos-HOME

勤怠管理の目的は単なる就業時間の集計ではありません。生産性に見合う適正な人時計画を行うことで労働生産性を向上することです

処理能力としては
数百店舗の企業様の打刻にも耐えられる実績があります。

企業規模によっては
クラウドサービスという導入方法もあります。

1000人以上の企業様ですと
自前のサーバーを用意される傾向にあります。

勤怠管理Systemの課題

土日祭日も出勤があることへの対応

 土日、祭日で全員が休日という企業様では一般的な勤怠管理Systemで十分と言えます。しかし、業種によっては土日や祭日でも交代出勤や通常出勤がある場合は単純に土日の出勤が休日扱いになると困る訳です。
典型的なの業種がスーパーなどに代表される小売業、またカーディラー様などがある訳です。もちろん一部の製造業も対象となるケースがあると思われます。そうしたお客様に対応した勤怠管理が求められると考えられます。

数千人の打刻が集中することへの対応

 社員数が少ない場合は打刻時に混雑することはまれなのですが、特定の時間帯に数千人が打刻するというケースではサーバーとの通信が必要で処理しきれないという状況も考えられます。特に有休残の告知や、打刻忘れの警告などは各個人の実績を参照して表示することになるので大変なトラフィックが発生します。こうした問題にも対応できなければシステムとして問題です。
この問題は端末を増やしても解決するものではありません。単純にデータ処理能力の問題です。

個別勤務パターンへの柔軟な対応

業種によって勤務パターンが複数存在する場合でも柔軟に対応できます。極端なはなし従業員分の勤務パターンがあっても対応可能です。

弊社の導入実績から見る企業の導入傾向

地域や規模の状況

  前 回 今 回
最大人数 5,323人 6,856人
最小人数 112人 69人
平均人数 878人 951人

棒グラフ

円グラフ

 

TEL 019-651-0411

PAGETOP
Copyright © 株式会社アークネット All Rights Reserved.