流通小売業の日常業務を強力にサポートします。POS分析APEX開発元・東北シェアトップのPOP作成ソフト開発元・勤怠管理システム開発元
kerberos_main

スケジュール精度の向上

スケジュール精度の向上

 実際の運用では過去の売上実績からの人時予算を日別に設定し、売上に必要な人員を決めてスケジュールを作ります。
 その計画に対しての実績が出ますので、スケジュールが適正であったかの判定をし次のスケジュールに反映させることの繰り返しです。
 残業が発生するとすればその日の天候や、急な商品の投入などで品出しや加工作業などが増加するというようなケースが考えられます。これは売上増加による≪変動費の増加≫という評価になります。
残業としては発生しますが、人そのものが余分に投入されているわけではありませんので、無駄な人員投入の削減にはつながると思います。
 導入されたお客様も≪人員投入の適正化≫を第一段階として考えています。
 人件費まで現場に公開するのは逆に萎縮することにつながると見ています。生産性を重視する人時計画が本当の意味での

生産性向上=コスト削減

になるという考え方です。

 

スケジュール作成の手順

社員マスタを入力していることで、それまで煩わしかったシフト表が素早く制作でき、修正変更も簡単になりました

スケジュール作成手順

TEL 019-651-0411

PAGETOP
Copyright © 株式会社アークネット All Rights Reserved.