勤怠管理の目的は単なる就業時間の集計ではありません。生産性に見合う適正な人時計画を行うことで労働生産性を向上することです

弊社が独自開発した勤怠管理システムが販売から10年経ちました。
その間社会情勢にあわせて雇用や勤怠のかたちも変わってきて、より適正な管理が求められるようになっています。

今話題の勤怠管理での選定の重要項目は

  • 1.土日祭日も出勤があることへの対応
  • 2.数千人の打刻が集中することへの対応
  • そして有給管理への対応

詳しくは勤怠管理システムのページでご確認ください